スタッフブログ

新着スタッフブログRecent Posts

第一回ウェルネストホーム勉強会

先週の水曜日にウェルネストホームさんの施工勉強会に行ってきました。

健康で快適で長持ちする高気密高断熱の高性能な良い家づくりを得意とした住宅メーカーさんで、

第一回は基礎防蟻処理についての施工についを実際の新築現場で勉強させて頂きました。

基礎塗布⇒給排水塗布⇒隙間等の処理の3工程を行うのですが

 

まず基礎塗布

      

 

クリスタルシーラーという塗料を基礎内部に塗り込みます。

塗布することによって、コンクリートの耐久性向上(防水性の向上・耐摩耗性の向上・凍結防止中性化劣化防止)の効果がある塗料を基礎内部に塗布します。

その後数時間乾燥させます・・・・

 

第二工程は、貫通金具・水抜き穴・配管を処理対象とする箇所にコシコート(シロアリ侵入防止)の塗料を塗る作業です。

 

   

シロアリが嫌がる成分が入っているので、なんでも食べるシロアリさんは、近づきたくても近づけないのです!

 

第三工程

 

最後に水抜き穴や、給排水周りのスキマここから一番侵入してきます。

 

 

ここスキマをコシシーラーで埋めてシロアリの侵入をシャットアウトします

 

 

この3工程が基礎の長持ちと、シロアリ防止の秘訣です。

防蟻だけではなく、現場の美化も徹底しておりとてもいい勉強になりました。

 

 

次回もありますので是非!!

 

 

 

 

この記事へのコメント

  1. 萩原和典 より:

    来年香川で新築を建てる予定です。
    予算的にウェルネストホームは厳しいのですが、仕様などを拝見して勉強させて頂いております。
    このブログを見て質問ですが、香川県はため池が多く、近年は毎年のように強い台風が発生しています。そのために、浸水のリスクがある地区が多いと思うのですが、白蟻対策のためベタ基礎の水抜き穴は基本的には塞ぐというのが、ベストと考えて良いのでしょうか?床下浸水をしたときに排水するための備えも何かしてあるのでしょうか?また、コシコートの効果は半永久的にあるものと考えてよいでしょうか?お手数おかけしますが、参考までにご意見を聞かせて頂ければと思います。よろしくお願いします。

    • 中島 拓哉 より:

      ご質問有難うございます。水抜穴の件につきまして、シロアリ対策で基礎周り・水抜穴を塞いで処理を行いますが、結論的ベストというより「有効な対策」と認識して頂いた方が的確です。ハウスガードは10年保証が付いており、その保証を受けるために水抜穴を塞ぐことが必須条件となっております。
      また、水抜き穴は建築工事中に雨が降り、水が貯まるのを防ぐ為に設けています。床下浸水対策としましては基礎高を上げるなどが一つの対策かと思います。ハウスガード保証に付きまして、10年+再施工10年保証=20年が最長です。
      10年ごとの点検が良いかと思われます。長々とすみません。また気になることがありましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スターホームが提案する次世代の コンフォートリフォーム スタッフブログ

アイコンその他のサービス

science star home
ECOTRAILER 次世代型アパート PRIMA La storia