スタッフブログ

新着スタッフブログRecent Posts

緊急時に役立つ

※最近、車の横をブロックに擦りました。Facebookに書き込んだらいつもイイネくれない仲間がイイネくれました。不幸のメール送っときますかね(笑)。

皆様こんにちは!。本日は覚えておいたほうが良いロープワークという事で各地でおこった災害時にロープで救助しようとしている動画を見ました。津波から非難して屋根の上。助けに出たロープを掴み津波の中へ。

しかしロープから手が滑りそのまま流される。たまたま看板の柱につかまり最終的には助かったのですが。この状況を見て自分ならこうしたのにとか、覚えておいたほうが良いロープワークを1つ。

モデルは、嫁です。

撮影では長さ(半径)120cmのクライミング用のスリングという物を使用しています。輪にしたロープでも構いません。

①2~3mのロープを輪にします。利き腕の方の肩に輪をかけます。モデルの場合右利きなので右肩です。

②写真の様にあまったロープ(スリング)を左側に移動します

③脇の下から通し右側の輪の中を人体側からロープを通して表にロープ先端を出します。

④体の正面にロープ先端が来るように調整します。

⑤ここが重要!!!。これを間違えると救助の時、ロープが締まり圧迫されます。

ロープの先端を右側の輪になったロープの下、人体側から写真の様に通します。

⑥左手に持っている輪になったところへ先ほどのロープの先端を上から入れて完成。

⑦正しければ引っ張っても締め付けられません。

ハーネスと言って体にかけて固定して使う物が無い場合、これを知っていれば簡易ハーネスとなります。災害時や、急な事故、崖から救助者を救う場合等、あらゆる場所で使用できます。

救助される、救助する場合、この簡易ハーネスの先端輪にカラビナを取り付けて救助用ロープを「エイトノット」という結び方で固定します。カラビナが無い場合は直接結ぶのも良いかと思います。

ただ、1度や2度動作を繰り返しても忘れるものです。忘れたと思ったら同じ動作をやってみてください。覚えているだけで1人の命が救えるかもしれません。また、救助される側として災害にあった時も、ささっと自分でできるようにしておけば、救助する側も時間短縮と安全に救助できる余裕が生まれます。

ロープを一つの輪にする場合「ダブルフィッシャーマンズベンド」という結び方があります。

これは説明が難しいのでリンクからYouTubeでの説明をご覧ください。

また、登山専門店、クライミングギアが置いてあるスポーツ用品店に行けば「スリング」というベルトが輪になった物が売られています。必要な方は購入して一本持っておくと良いかもしれません。

役にたったらYouTubeのチャンネル登録と高評価もお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スターホームが提案する次世代の コンフォートリフォーム スタッフブログ

アイコンその他のサービス

science star home
ECOTRAILER 次世代型アパート PRIMA La storia