スタッフブログ

新着スタッフブログRecent Posts

おじさん3人~出雲の旅~ その6

2022年・・・

 

新たな年・・・

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

プロジェクトマネージャーの柳本です。

 

おじさん3人~出雲の旅~

続きをどうぞ・・・。(10月24日のブログの続き・・・)

 

 

さて。

 

この旅の最大の目的。

旬の「松葉ガニ」を食す!

 

 

玉造温泉の夕食で食べたにもかかわらず一切話題にならず・・・

(残念ながら満足するにはほど遠いようである)

朝からリベンジを目指す雰囲気のおふたり。

 

早々に玉造温泉を出発し、松江城へ。

せっかちなおじさん3人は、足早に城内へ向かう。

 

「松江城」

いわゆる「国宝」である。

 

築城は、慶長16年(1611年)

 

となると・・・

 

安土桃山時代から江戸時代までさかのぼる。

 

日本に12城しか残っていない現存天守のひとつ。

そんなロマン溢れる歴史を感じると・・・

時の流れのなかにどっぷりと浸りたいところではある。

今回の旅・・・

ちょーが付くほどの過密スケジュール。

 

浸っている時間はない。

要領よく。

効率よく。

 

果たして「旅」としては、いかがなものか?

 

と・・・

 

思う節もあるが・・・。

 

そこはさておき。

松江神社で「御朱印」をもらい

先を急ぐ・・・

 

島根県から鳥取県へ。

だいぶ前になるがCMで見たことがある「江島大橋」を渡り、

境港市へ入る。

 

 

⇩ 江島大橋(通称 ベタ踏み坂)

 ←(写真引用:しまね観光ナビ)

 

この「江島大橋」

コンクリート製の桁橋としては日本最大級。

一番高いところでは、45mもあるという。

「松葉ガニ」の予約時間までは、まだ少しある。

 

 

鳥取県境港市。

「ゲゲゲの鬼太郎と水木しげる」の街である。

 

知ってはいたが、初めて訪れる「水木しげる記念館」・・・

妖怪の世界へいざなう・・・。

 

大人 700円

所要時間 40分

鬼太郎に興味があるかと問われれば・・・「?」がつくのだが・・・

 

せっかく来たのだからと、まずは聞き取り調査開始。

⇩⇩⇩

おじさん3人(お3):10分で出てこれる?

受付のおじさん(受お):いやー。早くても30分はかかります。

 

(お3):そう? 15分あればいけるよね?

(受お):それじゃ、700円はもらいすぎになっちゃうんで・・・

 

(お3):そんなもんかな・・・

(受お):・・・・・

 

なんだかんだ言って。

結局、入館。

10分で見学終了。

 

さすがである。

 

最後は、鬼太郎に手を振られ見送られる3人。

 

まだ少し時間がある。

 

 

次の立ち寄り先は・・・

「境港水産直売センター」

 

なんと。

あいにくの定休日・・・。

しかし。

強運な・・・

おじさん3人。

営業している店舗が一軒。

 

「松葉ガニ」を品定め。

 

 

まだ少し早いのだが・・・

予約済みの 味処 「まつや」へ向かう。

 

 

創業60年の味処・民宿「まつや」

リーズナブルに豪華な海鮮料理食べられることで有名なのだ。

 

すでに店の前には、順番を待つ人が・・・

 

聞くところによると・・・

ランチの予約は受け付けておらず、ましてや個室での食事など

通常は、しないとのこと。

 

だが・・・。

得意のテクニックを駆使。

 

 

これまでの人生経験とちょっとした理屈(屁理屈)・・・

お金にものを言わせ・・・

クリアする。

時間になるまで、おとなしく待つおじさん3人。

順番を待つ人の中で響く「どうぞ~、予約の〇〇さん」 という店員さんの声・・・。

 

もうちょっと小さな声でよいのだが・・・

少し恐縮しながら、食堂の入り口ではなく、

民宿の玄関へ通される3人であった・・・。

 

つづく。

 

おじさん3人~出雲の旅~

横浜~出雲~有馬温泉~京都の旅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スターホームが提案する次世代の コンフォートリフォーム スタッフブログ

アイコンその他のサービス

science star home
ECOTRAILER 次世代型アパート PRIMA La storia