お客様の声

お客様の声Interview

湘南エリア:Y様インタビュー

都内からご主人の地元へUターン移住をされたY様ご家族。もともとはこの地にあった家を引き継いでのリノベーションをご検討されていました。ご相談する中で、家の躯体の老朽化や、ご家族の叶えたい住まいを実現することを考えて、新築に切り替えられました。
今回は設計士の松野も同席し、Y様ご夫婦に、家づくりの流れや重視したこと、実際の使い心地、これからの暮らしの夢などを伺いました。

聴き手:広報 新澤暁子

家づくりとスターホームについて

新澤:スターホームとの出会いについて教えてください。

元々この土地に立ててあった家をリノベーションして住みたいと思い、いくつか住宅会社を見に行きました。そのなかで出会ったのがスターホームさんです。リノベーションの相談をするなかで、引き継いだ家は柱などの躯体が老朽化していたり、また自分たちの実現したい住まいを叶えるのであれば新築したほうが良いのではないかという流れになりました。

新澤: スターホームを選ばれた決め手を教えてください

いくつかの住宅会社を訪ねましたが、親身に相談にのってくれたことがスターホームさんに決めた理由の一つです。また、地元の地勢や環境を熟知している住宅会社なので、この地らしい家を建ててくれるのでは…と思いました。

新澤:湘南エリアのこちらの土地へ引っ越そうと決意された経緯について教えてください

<ご主人>
地元なので、いつかはここに住みたいという思いがありました。そんな時にこういう物件と出会いがあって、移住しようかと思ったのがスタートです。

新澤:今回設計を担当した松野は、入社して第一棟目の案件でした。初めて紹介された時の印象は?

<奥さま>
ちょっとだけ頼りない感はあったんですけど(笑)
すごいセンスがいいのは最初から感じていて、好みも合うなと思っていたので、一緒に色々やっていく中で、どんどんたくましく、松野さんの成長も見られて…(笑)

<松野>
本当に、プランニングから、お客様へのご説明の仕方とか、図面の書き方一つから、Y様に教わった感じですね。毎度、松野さんとお話がしたい、としっかり指名していただけたことで大きな責任感も生まれました。

こだわりの家づくり

新澤: 打ち合わせはどのように進んだのでしょうか?

<ご主人>
pinterest などで自分たちの希望するイメージを伝えて、次の打ち合わせまでにそれをプランに落としていただき、またそれを見て進めていくという感じでした。これくらいかなと予想していたものを超えてくるプランを毎回提案していただきました。

<松野>
空間の白、フローリングの木、キッチンのグレーの3色を基調にコーディネートしているので、どこかにアクセントの色を入れても散らかった空間にはならずに収まります。

<松野>
ソファーのラグの赤や、奥のワークスペースの黄色で色が入ったので、引き渡し時と比べより一層素敵な空間になったと感じました。家具はお客様がお持ちのものをあらかじめお伝えいただいていたので、例えばソファーの後ろの壁も、座った時に少し上に見えるようにしたりとか、後ろにコンセントをつけたり、ソファーありきで設計をさせていただきました。

ライフスタイルについて

新澤: お引越しされて1ヶ月ほど経ちますが、住み心地はいかがでしょうか。大きな窓の、外からの視線は気になりませんか?

<ご主人>
リビングの大きな窓については、隣からの視線が気にならないように計算して作っていただいているのかなと思いますが、視線はあまり気にならないですね。

<松野>
内と外の境界をなくした一体空間によりLDKをより広く感じられる空間構成にしました。

<奥さま>
ウッドデッキの向かいが道路沿いで見えてしまいそう何ですけど、ヤシの木がここにあることによってちょうど遮られるというのもあって、実際歩いて見たんですけど洗濯物を干していても気にならないし、ヤシの木が隠してくれているのがちょうどよかったです。

<ご主人>
周りの家や生えているヤシの木とか視線も計算して作っていただいたのがよかったです。それは住んでみてよくわかりました。

<松野>
ヤシの木をウッドデッキの一部の壁として取り込んだことによって、外部からのプライバシーの確保と、室内にいてもヤシの木を感じられる空間を計画しました。

新澤: これからお家を建てる方へアドバイスがあればお願いいたします

自分たちの行動パターンをよく考えて、自分たちがどう生活するかが一番ストレスがないとか、どう生活したいかを熟考しました。その結果すごく使いやすくなりました。私たちはどっちもあんまり細かくなくて、掃除とか洗濯もあんまりしたくないタイプで、家事をどれだけ楽にできる動線にするかが大切でした。あとは収納も使うところにいっぱい置いて、たくさん使える収納を作ったのがよかったです

<新澤>
1Fのユーティリティスペースではご家族の生活スタイルをヒアリングし、マスターベッドルーム、洗面所、ランドリー、ファミリークローゼットをまとめてレイアウトされました。ユーティリティから寝室に入るというのは珍しいと思いますが、実際使い心地はいかがでしょうか?

<奥さま>
マスターベットルームにお風呂がついているというのをイメージして、クローゼットもそこに繋げてしまうという動線にしたんですけど、基本的には自分たち2人と子供だけで使うエリアなので、朝の準備とかすごく便利ですね

<新澤>
洗濯機、乾燥機の左横にあるランドリースペース。アイロンをかけた後にひとまずシャツをかけておけるのがとても便利ですね!

新澤: これから湘南エリアへ移住を考えている方へアドバイスがあればお願いいたします

<ご主人>
塩害は、海沿いだと潮風で自転車が錆びちゃったり洗濯物がパリパリになってしまったりというのは聞いていた。海沿いにすむとその辺の覚悟は欲しいかもですね。
都内に通勤されることを考えると、逗子駅は実は始発で座っていけるので、例えば品川東京だったら始発で一本だし、湘南新宿ラインで渋谷とかも一本だし、そこは楽だと思います。
僕はサラリーマンなので、都心に通勤することが多くて…東京に通われる方にとっては、自然環境と都心でのお仕事というバランスで考えるとすごく良い場所だと思います。
あとは、ここらへんだとバスも結構発達しているので、バスが混んでいて座れなかったりということもあるので、その辺のリサーチを事前にするといいと思います。

新澤: これからの夢や展望は?

<ご主人>
私はここが地元で、子供の頃から自然が豊かな環境でのびのび育ちました。大人になってから、豊かな環境で過ごしたなと思うことが多いです。なので自分の子供もそういう豊かな環境で育ってほしいと思っています。

新澤: 大きなヤシの木がご家族をいつも見守っているような、素敵なお家でした。Y様、ありがとうございました!

スターホームが提案する次世代の コンフォートリフォーム スタッフブログ

アイコンその他のサービス

science star home
ECOTRAILER 次世代型アパート PRIMA La storia