お客様の声

お客様の声Interview

逗子市:O様インタビュー

家づくりとスターホームについて

星: スターホームとの出会い、きっかけを教えてください。

<ご主人>
この近辺の会社を探してホームページを見ていて、温室(コンサバトリー)が載ってたんです。最初は温室を作りたくて「いいね~」と、話を聞くだけ聞きに行こうと思って行ったんです。他にそんな工務店さんもなかったので。
で、実際お話を聞いたら温室は結構しますよと言うので最終的に諦めたんですけど。でも、トントン拍子的にスターホームさんでという感じでお願いしました。

星: 他社には相談に行かなかったんですか?

<ご主人>
行きました。かなりの数に話を聞きに行きましたけど、星さんが一番話しやすくて。
結構自由に建具とか持ってるのを使ってくれるというお話だったので、面白いなと思いました。

星: 他はどのあたりの会社に相談に行ったんですか?

<ご主人>
逗子、葉山、横須賀にある会社には結構行きました。話すだけ話に。
1回でそれっきりのところもあったし。スターホームには順番としては7、8社目で話を伺いにきました。

<奥さま>
私は5ヵ所くらいで、あとは主人が1人で。

増田: 決め手は話しやすさや、お持ちになっているドアを付けられる、というところだったんでしょうかね。

こだわりの家づくり

増田: O様の家に対するこだわりを感じますよね。

星: O様のお宅はほとんどO様のアイデアだから・・・

<ご主人>
ぶっちゃけ言って、古いアパートを購入してリノベーションする、という方法も考えたりしていたんですけど、やっぱりご近所との関係や、子育てのこと、耐震性のことなど色々と考えると新築がいいかな~と思いまして。
新築なのに古いもの入れるのはかなり抵抗が・・・

<奥さま>
抵抗というか、好きなんですけど、その度合いに関しては・・・細かく話し合いをしました。

星: 個人的には衝撃的でした。O様の「こうしたいんですけど・・・」っていうのが。

増田: 「こういう家にしたい」っておっしゃって持ってきて頂いた切り抜きは私も好きで。

増田: 一番こだわったところはどこですか?

<ご主人>
最初は家っぽくなく、入ったところをお店のようにしたくて、そこを通って家に入るっていうのが普通と違って面白いかなと思って。ちょっと暮らしにくいっていうのがあるかもしれないけど。

星: ああいうスペースをあれだけとるのも、めったにないですからね。

増田: でもすごく良い感じですよね。すぐ玄関じゃなくてあれがあるからいいですよね。

<ご主人>
そうなんですよ。すぐに玄関だと小さい家に感じるんですけど、玄関が遠いから心理的に広く感じるかなと思って。

思い入れのあるドアを新築に

増田: 私はあの玄関ドアがすごく衝撃的でした。

<ご主人>
断熱とか無視してますよね。

増田: 内側にさらに一枚玄関ドアから離れたところにドアがあるので生活スペースにはまだ影響が少ないでしょうかね。

<ご主人>
あれは僕が小学校低学年まで住んでた家のドアだったんです。これを目標に作ってもらったんです。

星: 他でビル壊す話があって、ちょうどいいドアがあるからもらってきましょうか?という話もして。

<ご主人>
僕はすごいノリノリで、絶対そのドアもらって付けたいって話していたときに、奥さんが「それは絶対あり得ない」って机の下でつついてたので断念しました(笑)

星: 「これはやめて」って

一同: 笑

こだわりのポイント

星: O様のすごいところが、こだわるポイントがしっかりしてるというか、ドアの除き窓のガラスの大きさを言われた時にかなりプロっぽい要求するなあと思いました。 すごい渋い指摘をするなと。ある意味感激したんですけど、確かに今の方がかっこいいですね。
あと、この吹き抜け。はじめはもっと違うカタチだったんですけど、O様が「これでいいんじゃないですか?」とおっしゃって。ホントにいいんですか?とも思いましたけど、出来上がったらかっこいいですよね。

<ご主人>
ある意味イチかバチかでしたよね。最初は暗くなるんじゃないかなって思って。やってみて良かったです。

星: 奥様のこだわりは?

<奥さま>
キッチンですかね。

星: 奥様はお子様のことを気にされていましたよね?

<奥さま>
ドアの時は手を挟んだりして危ないんじゃないか、と思ったり。

<ご主人>
だいたい、僕と星さんが突っ走って、家で奥さんと反省会をするんです。

星: 二人の「こうしたい!」っていうバランスがすごく良かったですよね。

<奥さま>
そうですね。すごく離れてるわけでもないので近いところで合わせられて。

<ご主人>
ご迷惑おかけしたこともありました・・・玄関庇が斜めについていて、僕の中では直方体が出てないとダメな部分で、悩んだ結果、無理を言って直していただいて。好き勝手やっても、色々とやっていただいてね。

<奥さま>
周りの人にも言われました。「お願いするとこういうことやってくれるの?」って。

実際の住み心地について

<ご主人>
カフェ風というよりは、どちらかというと古道具屋風のお店っぽく。家っぽくはない感じにしたいなと。
あとは、リビング階段というか、子どもがそのまま2階に上がらいように顔を見合わせて暮らせるようにしたいと思いました。

星: 実際の住み心地はいかがですか?

<ご主人>
夏が特に涼しくて、北側なので1日通して一定の光が入ってきてとても過ごしやすいです。冬も思ったより寒くないので良かったです。

星: このお宅はデザイン的なこだわりが強かったのでそっち優先してしまった部分はありますよね。あのスチールのドアも断熱性から言ったらね…

<ご主人>
同じ並びの他の家の人にも「そんな大きな窓を北側につけたら寒くてしょうがないよ」って止められたんです。

星: レイアウトとしては普通は逆なんですけど、こっちの景観がすごく良かったのでこういう方法もありますよと初期の段階で提案したら「いいですね」と了解して頂けたので、決まるのが早かったですよね。

<ご主人>
開け放てるサッシなので、デッキまでフラットで続けてもらうというのをやって欲しかったのでしてもらったんですけど。閉めたら少し狭く感じますが、毎日開け放してるので見た目より広く感じます。

スターホームが提案する次世代の コンフォートリフォーム スタッフブログ

アイコンその他のサービス

science
ECOTRAILER 次世代型アパート PRIMA heureux heure