お客様の声

お客様の声Interview

葉山町:T様インタビュー

スターホームが横須賀にあった頃に建てていただいたT様。

その頃の楽しいお話しなど、たくさんしていただきました。葉山に来てから始めたという奥様の日本画などはとても素晴らしく、ご主人の趣味の釣りも本格的。

そんなT様ご家族のお宅は、段差の変化で空間を区切ったり、スリットの壁で視線を遮ったり・・・と変化をつけて開放的なつくりとなっています。

家づくりとスターホームについて

Q: スターホームを知ったきっかけや決め手は何でしたか?

<ご主人>
実は他のところで契約まで話が進んだのですが、腑に落ちないことがあってやめたんです。

<奥さま>
それで、次の日に本屋へ行って「神奈川で家を建てる」という雑誌を見て、一番近いこともあって、その後すぐ車で行ったんです。会社に入ったら、その頃は輸入の水栓とか洗面器があって「なんだここ~?」って見てたら、星さんがちょうど出てきて。

2階のモデルルームを見せてもらって話をしていたら、自分が考えていた家のプランがそのまま図面になってるパンフレットがあって。「そうそう、これこれ!」みたいな。そのパンフレットを持ち帰って、早く帰ってきたパパに見せて「とにかくいいから、めっちゃいいから行こう!」って言ってまた二人で会社に行ったんです。

星: その日のうちにまた来てくれたんですよね。
ホント、私が担当させていただいた今までのお客様の中で、ご契約してもらうまで多分一番早いと思いますよ。

<奥さま>
あのパンフレットを見た時は衝撃的で!自分なりに考えた動線とか、お風呂や洗面など使い勝手のいいようにと思っていたことが全部図面に描かれていたので、もうココしかないかなって。 後日、実際に建てて住んでいるお宅を見せてもらって「いいね~」って、即決。

Q: スターホームの印象はどうでしたか?

<奥さま>
着工の時から皆さんを見ていて、職人さんの質というか、姿勢が「お客様の家」という感覚でモノを見ているところが素晴らしいなと。
メンテナンスをしてくれてる芹澤さんも気を使ってくれて、今でも。もう何年も経ってるのにね。
例えば、工事が途中までの場合もきれいに片付けてキチンとして帰ってくれて、車の止める位置も近所のことをいつも気にしてくれたり、そういう気遣いがすごく出来ていてとても助かりました。
そういうスタッフの意識のレベルの高さを感じて、スターホームはすごいな~素敵なとこだな~って思いますよ。

<ご主人>
そういえば、ムキムキの大工のおじさんは元気ですか?

星: もう引退してますよー

<奥さま>
力持ちでね~!もう、ホントにすごくて尊敬しちゃう。
その大工さんが、家が建ってから最後に挨拶に来てくれた時があって。その時、「いい家が出来たね~」ってボソッと言ったんです。「いや~この家はいい家だ」って。
私、「ホントですか~?!」・・・って、建ててくれた本人が言ってるんですけどね(笑)「1年経てば分かるよ。春夏秋冬過ごして初めて家っていうのは分かるんだ」って言われて、「なんか重みのある言葉だなぁ」って、その時すごく嬉しかったのを覚えているんですよ。

星:ちなみに我が家とほとんど同じ、双子の兄弟みたい。使っているパーツがほとんど一緒なんですよね。 螺旋階段もね。

<ご主人>
螺旋階段は、今では当たり前になっちゃった?

星: いえいえ。逆に家庭用のがなくなったので、もうないんですよ。

<奥さま>
ものすごく評判いいの!玄関入ってみんな「おっ!」て。

<奥さま>
そうそう 引っ越した頃、リビングとキッチンが床暖房で、木の床があったか~い!ってみんなでここに寝てました。「なんかいいな~幸せだな~」って思ったんですよねー。

奥さまの作品をご紹介・・・


独学という貝絵。制作途中(中)のものと蓮の華のは完成品

ご主人が釣り上げた鰹!