お客様の声

お客様の声Interview

葉山町:F様インタビュー

真っ黒に日焼けしたスレンダーなボディの健康的なご主人と、華奢でかわいらしい奥様。
いつお会いしても、会話が弾んで、必ず笑いが溢れます。赤いミニクーパに乗って、週末はご夫婦でテニスに出かけたり、お友達が集まってバーベキューやワインパーティーを開いたり、アクティブで太陽のように明るいF様が希望された、独創的な3次元空間の住宅。環境を活かした理想の家が実現しました。

家づくりとスターホームについて

Q: スターホームを選んだ理由はなんですか?

大手と契約して、土地探しを開始しましたが、なかなか良い物件が見つからず、地域ビルダーの条件付き土地を物色し始めていました。

ターゲットの葉山は、堀内、一色と決めて検索しているなか、一色の物件を見に行った帰り道、一色から程近い下山口でたまたま「オープンハウス」ののぼりが目に入り立ち寄ったのがきっかけです。

Q: スターホームをお選びいただいた決め手はなんでしたか?

スタッフのアプローチと対応に魅せられました。「良いものを全て提案しないのは、メーカーの罪である」という担当者のこの言葉が、今でも記憶に残っています。

会社に不利になるような面倒なことでも私達が求めていることを察して、提案してくれる、提案の説明も論理的でわかりやすく、私の難解な質問に対してもお茶を濁すことなく、正面から向き合ってくれたのです。

「そんなことできるんだ!」と思うこともしばしばで、常に感心し、時に驚愕し、いつしか「不安」は消え去って、スタッフの「ファン」になっていました。

Q: スターホームスタッフの印象はいかがでしたか?

大手営業マンには無い、距離の近さが好印象でした。スタッフのお宅(施工例)訪問から始まり、食事に行ったり、イベントに参加したり。打合せのときも、雑談の方が多かったのではないでしょうか。

夜に急に呼び出して打合せをしたり、休みの日に何度も電話をしたり、私の無理なお願いに対しても、スタッフは嫌な顔ひとつせず、最後まで付き合ってくれたことに心から感謝しています。

完成が近づいたとき、入居する喜びよりも、スタッフと過ごした楽しい日々が終わってしまうのが悲しくて、複雑な心境でした。その後、社長がお隣に住むことが決まったときは、本当にうれしかったですね。

Q: プランから家づくりで印象に残っていることはなんですか?

平面ではなく「空間を考えた3次元プラン」の難しさと面白さが印象に残っています。まず、私の無謀な空間要求に対し、スタッフは見事にキューブを積み上げてくれました。

そして、平面図と展開図を睨めっこしながら、構造問題をひとつずつクリア。建築に入ってからも空調設計や照明設計など、最後まで頭を悩ませることになりました。

Q: 「不満」「もっとこうして欲しかった」と思われたことはなんですか?

不満な点は、スタッフと仲良くなりすぎて、不満が言えないところですかね。(笑)

Q: 現在のお住まいで、一番好きなところは何処ですか?

<ご主人>
遊び心のある楽しい通路スペースが気に入っています。
ダイニングを中心にツリー状に広がる通路スペースは縦にも横にも歩き応え充分。無駄なスペースとして倦厭されがちですが、居室空間の中に取り込むことで、趣のある楽しい空間となっています。

それから、家全体の手作り感ですね。あえてラフに塗った壁や大工さんが一生懸命削ってくれた階段手すりなど、決して完璧ではありませんが、随所にひとの手によるぬくもりを感じます。新建材のモダン住宅は完成したときが最良ですがスターホームの手作りの家は、天然素材が日々変化していきます。


1年経った今、入居時よりはるかに落ち着きが出始め、よりよい状態に成長しています。

<奥さま>
2Fのプライベート用リビングが好きです。4面とも壁がない空間で、風通しもよく、開放感満点。
天井高のある1Fリビングにのせたため、床に座って緑や眺望が楽しめます。

葉山ライフについて

Q: 家を建てる場所/住む場所として葉山をお選びになった理由はなんですか?

ハワイや沖縄が大好きで、島の生活に憧れていました。
葉山は山が海岸線まで迫り、海の幸、山の幸に恵まれ、ゆったりとした時間が流れています。
私にとっては、通勤できる陸続きの島なのです。

Q: お住まいになってみていかがですか?

住民の帰属意識を強く感じます。
通勤が便利とか、お店がたくさんあるとか、一般的な理由ではなく、葉山が好きで住んでいるひとが多いからだと思います。 葉山が好きだから葉山を大事にする、同じ志のひとが多いから和が生まれる。他にはない独特の空気感が気に入っています

Q: 葉山に住んで変化したことはありますか?それはどんなことですか?

<ご主人>
ものすごく早起きになりました。(笑)日の出とともに外に飛び出しています。雨の日はとても憂鬱です。

<奥さま>
買い物が変わりました。とにかく地元の野菜や魚がおいしいので、現地調達が増えました。畑や漁港に買いに行くこと自体楽しく、スーパーの利用は足りないものを補填する程度です。

Q: 休日はどんな風に過ごされていますか?

<ご主人>
スポーツ三昧です。悩みは趣味のテニスが川崎中心なので、少々遠いこと。
スターホームOBのテニス仲間も出来ましたので、今後は葉山近辺での活動を増やしていくつもりです。
最近自転車にハマっています。朝のR134はとても気持ちがよく、テニスに行く前に40~「50Kmも走ります。星社長の趣味に「ロードバイク」とありますので、そのうち巻き込みますよ。(笑)

<奥さま>
やはりテニスが中心ですが、仲間を呼んでパーティが楽しいですね。特に夏場は、毎週のようにBBQが開催されます。


Q: これからチャレンジしてみたいことはなんですか?

<ご主人>
シーカヤックですね。それをきっかけに海の仲間を増やし、葉山の海でボランティア活動に参加したいです。

<奥さま>
自宅のアウトドアスペースの充実を図りたいです。中庭のウッドデッキをコンサバ化して、アウターリビングができたら最高です。そして、緑に囲まれたワイン会。よりスターホームらしい家になると思います。

F様オススメスポット

和楽「かずら」
和楽「かずら」は創作中華のお店。一色海岸からほど近い場所にありますが、住宅地の細い路地を入るためわかりにくく、「隠れ家的」を超越し、本当に隠れています。(笑)料理がすばらしいのはもちろんのこと、古民家を改装した店舗は雰囲気満点で、ワインもリーズナブルに楽しめます。
和楽紹介ページ(食べログ)

和楽「わらく」
和楽「わらく」は大判焼きのお店。R134沿いで風早橋バス停の近くです。たっぷりのつぶ餡は、ジューシーで甘さも絶妙。大ぶりなのに食後でもペロリといけます。
和楽のホームページ

カフェティエ
葉山は民家の中にカフェが点在し、自家焙煎のコーヒー豆屋さんも多く見られます。
その中で私の一押しがここ。小さな店舗にも関わらず、豆の種類が多く、入れ替わりも早い。味わいは他にはない個性的なもので、いつも新鮮な感動を与えてくれます。スタッフとの会話も楽しいです。
カフェティエのホームページ